画家  ミランダ・アドリアナ

アドリアナ・ミランダ(25歳)は、アリゾナ州フェニックスで、芸術家の家庭に生まれました。彼女はニューヨークのファッション工科大学(FIT)でファッションマネージメントを学びましたが、美術に興味を持ち続けました。現在は、ミクストメディアペインティングを専門としています。バスキアの脱構築主義とファッションの政治性に動かされたアドリアナは、親密、脆弱、や親しみを呼び起こすために、意識の流れに沿った対話を描きます。

 

正直さと感情を中心にしてアドリアナは作品を描いています。アドリアナは、テーマにこだわり、彼女自身の最も無防備で正直な自己を表現するために、乱れのない意識の流れを描きました。それぞれの作品は、自画像や日記のようにも解釈できます。アドリアナが作品の信頼性を重視するのは、父親が「正直に仕事をすることが最も重要だ」と教えてくれたからです。本格的の技術と努力が求められるアドリアナは、幼い頃から芸術に対するアプローチを身につけていました。15歳のときにバスキアの作品に出会い、彼との圧倒的なスピリチュアルなつながりを感じました。バスキアの脱構築主義と、大胆さと秘密主義を同時に兼ね備えた彼の能力は、アドリアナに無限のインスピレーションを与えてます。